So-net無料ブログ作成

リーマン予想は解決するのか? [数論]


リーマン予想は解決するのか?_絶対数学の戦略

リーマン予想は解決するのか?_絶対数学の戦略

  • 作者: 黒川信重、小島寛之
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2009/06/08
  • メディア: 単行本



現代数学の最難問の一つとされるリーマン予想ですが、基礎から最新の情報まで大変分かり
やすく書かれてあり、数論の最先端の様子が概観できて素晴らしいとおもいました。

最近は、フェルマーの最終定理や、佐藤・テイト予想の解決にも貢献した「非可換類体論」
の発展に目覚しいものがあり、ゼータ函数に現れる素数の不思議さやスキーム論等への影響等
が詳しく書かれています。
今後の課題として、「類体論」「非可換類体論」「非可換幾何」「ガロア表現」「岩澤理論」等の
山脈が見えてきました。
また、グロタンディークが「代数幾何原論」:EGAでスキーム論を創始した目的や経緯が詳しく
書かれているので、興味のある人には参考になるかと思います。

nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。