So-net無料ブログ作成
検索選択

リーマン予想は解決するのか? [数論]


リーマン予想は解決するのか?_絶対数学の戦略

リーマン予想は解決するのか?_絶対数学の戦略




現代数学の最難問の一つとされるリーマン予想ですが、基礎から最新の情報まで大変分かり
やすく書かれてあり、数論の最先端の様子が概観できて素晴らしいとおもいました。

最近は、フェルマーの最終定理や、佐藤・テイト予想の解決にも貢献した「非可換類体論」
の発展に目覚しいものがあり、ゼータ函数に現れる素数の不思議さやスキーム論等への影響等
が詳しく書かれています。
今後の課題として、「類体論」「非可換類体論」「非可換幾何」「ガロア表現」「岩澤理論」等の
山脈が見えてきました。
また、グロタンディークが「代数幾何原論」:EGAでスキーム論を創始した目的や経緯が詳しく
書かれているので、興味のある人には参考になるかと思います。

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

shinsf

えーと、mapcalccさんの生年月日
まちがってないですか?

by shinsf (2009-09-01 13:55) 

mapcalcc

だいぶ前に間違いに気づいたんですが、面白い年齢になっていたので、
放置しました。
by mapcalcc (2009-09-03 01:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る