So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

大学の学生支援室の仕事

最初の話では、就職活動のSPI試験や中学レベルの数学を
指導すれば足りるとの事であったが、実際に働いてみると
むしろ公務員試験の数的処理・判断推理等の質問がたくさん来る。

また、大学の教養の数学の質問もたまに来るし、学生さんがどんな
質問を持ってくるか分からないので、結構疲れる。




公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 数的推理

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 数的推理

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 実務教育出版
  • 発売日: 2014/08/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



4月からの仕事

4月から、水曜日と金曜日に大阪の大学にて学習支援の仕事が
入りました。 数学が苦手な学生さんを支援する仕事です。
SPIの非言語分野についての質問も来るようです。
タグ:SPI

高次元(n>=5)ポアンカレ予想2 [トポロジー]


ポアンカレ予想物語 (数セミ・ブックス (13))

ポアンカレ予想物語 (数セミ・ブックス (13))

  • 作者: 本間 龍雄
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 1985/11
  • メディア: 単行本



だいぶん煮詰まってきたので、目先を変えてみました。

序章・・・物語のあらまし
第1章・・・物語の準備
第2章・・・高次元ポアンカレ予想
第3章・・・4次元ポアンカレ予想
第4章・・・3次元ポアンカレ予想

というように、次元別に証明への物語が説明されています。
章の順番が示すように、高次元の場合が最もやさしく
と言っても素人には難しいですが、
4次元、3次元と難しさが格段に増してきますね。
まずは高次元の場合を固めないと先に進めません。
先行研究の勉強ですね。
歴史的順序に沿って研究です。
いきなりペレルマンの3次元をやってもちんぷんかんぷんに
なるだけです。


高次元(n>=5)ポアンカレ予想 [トポロジー]


微分位相幾何学

微分位相幾何学

  • 作者: 田村 一郎
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1992/02/21
  • メディア: 単行本


5次元以上の場合は、スメールによる証明がセルフコンテインドな
形であるようです。学生の頃は、中途で断念しましたが、
再度トライしてみよう。

ハンドル体、ファイバー・バンドル、特性数、コボルディズムなど
直観的に把握するのが難しい概念が続出しますが、
分かりやすい参考書もありますね。


エキゾチックな球面 (ちくま学芸文庫)

エキゾチックな球面 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 野口 廣
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/08/09
  • メディア: 文庫



こういう本を書いてくださる先生には、本当に感謝したいとおもいます。

ホモロジー代数について忘れていることが多く、下の参考書にて復讐です。


コホモロジー

コホモロジー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本



ポアンカレ予想


ポアンカレ予想―世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者

ポアンカレ予想―世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者

  • 作者: ジョージ G.スピーロ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2007/12/19
  • メディア: 単行本



久々にポアンカレ予想の歴史を見直してみました。
トポロジーの歴史をほぼなぞった感がありますね。
最終的には、3次元の場合に微分幾何的な手法で
証明されることになりますが。

ご無沙汰してました

たいへんご無沙汰しておりました。
この間も、たくさんの方にご覧いただきありがとうございました。
しばらく、大阪市立大学 大学院 GSCCにて数学以外のことを
いろいろと勉強しておりました。
学位論文が完成して、無事修了することができたので、
当ブログもぼちぼち再開したいと思います。

MOOC [雑感]


ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃

ルポ MOOC革命――無料オンライン授業の衝撃

  • 作者: 金成 隆一
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2013/12/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ハーバードやMITの講義が無料で見られるのは、すばらしいですね。
時代はかわりました。
講義資料まで無料とは!
少々英語力が必要ですが。

人工知能入門


人工知能入門―歴史,哲学,基礎・応用技術 (Information & Computing (107))

人工知能入門―歴史,哲学,基礎・応用技術 (Information & Computing (107))

  • 作者: J.フィンレー
  • 出版社/メーカー: サイエンス社
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本


経営学の論文の関係で、人工知能をかじることに。
近年の進展は、はかばかしくないのかな?
チェスでは、人間を負かすマシンができたそうだが。

数学と文学

数学と文学って関係ないと思うよね。
しかし、関係あるみたい。
キーワードは想像力。
想像力を鍛えると数学書が読みやすくなる。
そのためには、小説なんかも効果的かも。
まあ、元々素晴らしい能力のある人にとっては、
関係ないことかもしれないが...

層のコホモロジー


層のコホモロジー

層のコホモロジー

  • 作者: B.イヴァセン
  • 出版社/メーカー: 丸善出版
  • 発売日: 2012/09
  • メディア: 単行本


丸善さんのお力で、Springerの書籍が復刊されたのは、嬉しいかぎりですね。

前の10件 | -
メッセージを送る